幼稚園や小学校などで緊急時や災害時に役立つメール連絡網サービス
緊急時や災害時に役立つメール連絡網
TOP > プリメール 導入のメリット
緊急 メール 連絡網 プリメール contents
メール連絡網便利な機能

メール連絡網導入のメリット

導入実績

メール連絡網利用方法

利用例

メール連絡網サービスの安全性

メール連絡網個人情報とプリメール
個人情報保護方針
開示対象個人情報
個人情報の開示等のご請求 >

メール連絡網Q & A

マニュアルダウンロード

メール連絡網お問い合わせ

メール連絡網規約



プリメールforモバイル導入のメリット

プリメール導入前
プリメール導入後
緊急電話連絡網の場合
プリメールの場合
1
最後の人にまわるまで時間がかかる。
全員に同時に連絡が出来ます。
2
忙しい時に電話を受けると、次の人にかける手間も必要。
保護者の携帯に学校・幼稚園などから直接メールが来るので、次の人に電話をかける必要もありません。
3
緊急度の順序で電話する必要がある。
あらかじめ緊急度の違うグループにわけて登録しておけます。緊急度の高いグループから、順に送信できます。
4
保護者同士で連絡を取り合うため、気を遣うことも…
学校・幼稚園などから直接保護者あてにメールが来ますので、保護者同士で気を遣う必要がありません。
5
留守家庭には、緊急の連絡が回らない事もある。
保護者の携帯に直接メールが送られてくるので、仕事中や移動中でも情報を確認できます。
6
決議をとる場合、会合を開いたり一人ずつ電話で聞いていかなければならない。
各家庭からの意思は、管理者側にグラフになって表示されます。賛成/不賛成が、一目で確認できます。
7
生徒の電話番号が公開されます。
学校・幼稚園側が保護者のメールアドレスを管理するため、各家庭に生徒の名簿を公開する必要がありません。
8
全員に連絡がまわったか、あいまいになることも。
保護者は確認ボタンを押すだけで、学校・幼稚園側に“確認済”を知らせることができます。学校・幼稚園側には、保護者のメール確認・未確認がグラフ表示されます。

メール連絡網の場合
プリメールの場合
1
配信者側は送り先の開封確認ができない。
受信者の開封を即時確認できます。
2
メールの遅延や未着は判定できない。
配信後一定時間を過ぎると未開封者一覧で確認する事ができます。 エラー時は自動的に再配信を行います。
3
配信者側が受信者の情報を登録、修正しなくてはいけない。
「空メール」で受信者側から登録、修正ができます。受信者リストで一括登録も出来ます。
4
配信者側の都合の良い時間しか配信できない。
配信スケジュールを設定できますので、メール指示は都合に合わせて、メール配信は見られる時間に配信することができます。
6
決議をとる場合など、統計をとるのに手間がかかる。
アンケート回収結果がグラフで一目で確認できます。
7
個人情報が公開される恐れがある。
個人情報を必要最小限の範囲でしか公開しません。登録内容はいつでも変更できますので、スパムメール対策にもなります。


TOP便利な機能導入のメリット導入実績利用方法利用例サービスの安全性
個人情報とプリメールQ & Aマニュアルダウンロードお問い合わせ規約会社概要

Copyright(C) 2004-2015 Primail All Rights Reserved.